機密文章の処理

機密文章を社内で処理する会社もありますが、業者に委託をする会社も増えてきています。処理に掛かる費用は、リーズナブルだと言われています。また、機密ですから依頼した業者の信頼も大切です。

企業で使っていた機密文書は処理を慎重に行いましょう。そのお手伝いを一挙に引き受けてくれる業者があるので頼りになります。

Readmore...

取扱は注意が必要

様々な会社が機密情報を扱っています。このような機密情報は、顧客や客の情報なども含まれていることから取り扱いはやシュレッダーに掛ける際は、十分気を付ける必要があります。

Readmore...

個人情報も機密情報

機密事項は、社内の機密以外にも、住所や氏名を始めとする個人情報なども含まれます。機密文書は、シュレッダーで破棄することも出来ます。しかし、心配という場合は機密文書を処理してくれるサービスがあります。

Readmore...

不正アクセス

現代は、様々な技術が進歩をしています。インターネットの世界も技術が発達しています。それに従い、企業を狙った目的型攻撃が増えてきいます。ネットワークの不正侵入を防ぐためにも、IPSなどを利用する必要があります。

Readmore...

不正アクセスを防ぐ

ネット社会では多くのリスクがあるので、不正接続防止の対策を行なっておこう。簡単にシステムの操作も出来るので上手く活用出来ます。

WAFで大切なデータをしっかりと守りませんか?導入をお考えの方はこちらの商品をぜひチェックしましょう。

WAFとはなんなのか

WAFとは一体何なのでしょうか。何かの略語というのは分かりますがなんの略語なのかさっぱり分からないと思う方が多いでしょう。一般の方では無理もありません。WAFに関わるのはIT関係の事業を携わっている人ぐらいだと思います。 では本題ですがWAFとはどういう意味でしょうか。WAFとはWebアプリケーションウォールの略語です。webアプリケーションウォールとは外から入ってきたネットワークからの不正アクセスを未然に防ぐためのソフトツールのことです。外から侵入してくるネット犯罪者が増えている中でこういう取り組みはとても大事になってきます。 どうやって不正侵入を防ぐのかというと簡単なことでアクセス要求を遮断することで不正侵入を防ぐことができます。

どういう仕組みになっているのか

どういう仕組みでアクセス要求を遮断しているのでしょうか。ブラウザやサーバなど色々なところから不正アクセスしてくる侵入者がいますがWAFはそれらを防ぐことは可能なのでしょうか。 WAFを見ていくとまずWAFはサーバとブラウザの仲介地点にあります。サーバとブラウザをつないでいると考えてよろしいでしょう。そしてそのwebブラウザとのやり取りをWAFが受け持ちます。そこで不正アクセスを見つけたならば、アクセスを遮断したり、プログラムを強制終了したりします。 従来型であれば不正アクセスなどが従来型の弱い部分に侵入してきて完全には防げなかったのですが、現在であればセキュリティに大きな効果が期待できます。 不正アクセスには注意しましょう。

業務に無駄なく、そして社員にも負担が少なく。そういった改善が理想です。isoのコンサルの料金も、できるだけ負担は少なめに